センスを学ぶためには?センスは知識からはじまる

みなさんはセンスってなんだと思いますか?

運動神経や、絶対音感のような生まれ持った資質のようなものでしょうか。

国語辞書では、センスとは”物事の微妙な感じをさとる心の動き。微妙な感覚”であると定義されています。

物事の微妙な感じをさとる力、センスと個人の資質はそれほど関係がないように思っていたのですが、

資質と関係のない部分で、どうやってセンスを磨くのが一番良いのかは、自分の中でも迷走したままでした。

そのとき見つけたのが、「センスは知識からはじまる」という本です。

この本の著者は、熊本県代表キャラクター「くまモン」、ユニクロ「UT」などで非常に有名なグッドデザインカンパニー代表の水野学さんです。

クリエイティブディレクターとして活躍する水野さんが、センス=”才能”ではない という考え方のもと、どうやったらセンスを伸ばすことができるのか詳しく解説しています。

今回はこの本の内容に触れながら、センスの磨き方について紹介します。

まずは「普通を知ること」

「センスとは数値化できない事象を最適化することである」と、著者はいいます。

センスを数値化できたら、どれだけ楽でしょうか。センスの良い人100人中100人が身につけていたアイテムを身につければ、センス良く見えるものでしょうか?

せっかくセンスよく見えていたアイテムも、服装・場所・身につける人によっては、異なる印象に変わります。

センスと言う言葉だけで片付けられるほど、単純なものでないセンスを磨くにはどうしたら良いでしょうか。

1つの方法として、作者が紹介していたのは、「普通を知り、自分の中に普通の尺度を身につけること」でした。

「普通という感覚がことのほか大切です。」

普通こそ、「センスの良い・悪いを図ることができる唯一の道具なのです。」

普通とは、「いいもの」がわかるということ。

普通とは、「悪いもの」がわかるということ。

その両方を知った上で「一番真ん中」がわかるということ。

引用:センスは知識からはじまる

センスと聞くと、なにか直感的なようなものに聞こえがちですが、実際は、裏打ちされた知識から、最適解を選んでいるだけであり、センスを真似るのであれば、自分で最適解を選択できるように普通を知れ、というわけです。

当たり前といえば当たり前のことかもしれませんが、何においても、センスの裏にある、良い・悪い・普通の知識を知ることが重要なのだと、改めて認識することができました。

知識を、「自分なりの知識に精製させること」

ただただ知識としてインプットしても、活用できなければもったいないことです。

本の中では、知識を自分なりの知識に精製させるために、「共通項や一定のルールがないか考えてみる」ことを例に挙げています。

クリエイティブを参考にするときに、日頃やっていることと思っていたのですが、改めて意識し直してみると思い込みや無意識に除外していた要素が多々あったことに気づきました。

実践: 今どきのフラットでシャープなバナーデザインについて考えてみた

引用元:https://www.pinterest.jp/pin/178032991503765309/(左バナー) https://www.pinterest.jp/pin/178032991503418031/(右バナー)

・はじめに見つけた共通項

今っぽさ=太くて大きいゴシック体・余計な装飾が少なくフラット・シンプルである

この知識だけでは、自分のつくりたいバナーなどのクリエイティブに活かすことができませんでした。

なぜその表現を取り入れることができないのか、着眼点を変えて見直してみました。

・次に見つけた共通項

今っぽさ=太くて大きいゴシック体・余計な装飾が少なくフラット・シンプルである

+ 背景には単色の色面が使用されていて、シンプルな文字でも読みやすいようになっている

これに気づいたあとは、背景を色面で構成し直すところからデザインを考え直すことで、最終的な形にすることができました。

それまでは、写真の上に文字を置くことしか考えていなかったので、全く別のアプローチを考えるのに役立ったと感じています。

まとめ

今回は、センスの磨き方について紹介しました。

クリエイティブの質をあげるために、自分が良いと思うもののコピーを作成したり、分析はしていましたが、なんのためにそれを行っているのか、改めて頭の中を整理できたように思います。

既に方法を知っていることであっても、こうして本を読むことで新しい視点にきづくことができるのはいいですね。

本に載っている水野さんご自身の事例も、非常に分かりやすく参考になるので、気になった方は是非読んでみてください。

 

辻 蒔菜

辻 蒔菜

東京造形大学でWebデザインやWebプログラミングなどの基礎的な技術を習得。映像メディア表現、インターフェースデザインなどについても学ぶ。在学中は地域活性化のためにきぐるみの中に入って子供とたわむれたりしていた。 2017年4月に新卒でbasicに入社後、CIを始めとしたデザインを担当している。 アリクイ好きが高じて、家にアリクイグッズが増えつつある。

Recommend Articles

1

バナーのデザインで悩んだ時に参考にしたい5つのパターン

簡単なようで難しいバナーをデザインすることって難しいですよね。小さいスペースに必要な要素を入れなければならないので、悩んだことがある方も多いのではないでしょうか?この記事ではバナーデザインを取り上げるだけではなく、どんなところが参考になるのかを合わせてご紹介します!バナーのアイデアで煮詰まっているデザイナーさんや、デザインの勉強のためにバナーのコピーをしようと思っている学生さんは是非読んでみてください。

2

簡単にオシャレで見やすくなるスライドの作り方

この記事では、デザイナーではない方や新人のデザイナーさんがプレゼンテーション(パワーポイントなど)のスライド作成で困ったときに、簡単にオシャレで見やすいスライドを作る方法をご紹介します! 法則に則って作成すれば、簡単にキレイなスライドを作ることが出来ますよ!

3

ラーメンの名店「一条流がんこラーメン総本家」【ランチレポート】

新宿区舟町、四谷三丁目に位置する「一条流がんこラーメン総本家」は超濃厚なダシ&異常なしょっぱさで名物「悪魔ラーメン」を生み出すラーメン店。

4

【イベントレポート】UX、デザイン思考、サービスデザインのための「チームで使える共感ペルソナ™入門 」

サービスの設計をする際にペルソナを決めるのはもちろんですが、それをチームでうまく共有し活用するのは想像以上に難しいですよね。チーム内でうまく共有できず、いつの間にかペルソナが忘れられてしまっている…なんてことは少なくないのではないでしょうか。そうしたペルソナ作成の難しさを解決するヒントをさぐるため、先日、株式会社アイ・エム・ジェイ R&D室主催のイベント「UX、デザイン思考、サービスデザインのための『チームで使える共感ペルソナ™入門 』」に参加してきました!

5

別に最初から正社員じゃなくても良い〜未経験からWebデザイナーになるまで私が行ったこと〜

今年の7月からデザイナーとして働いているのですが、実は元からデザイナーだったのではなく、アルバイトとしてベーシックに入社したという経緯があります。なぜ正社員ではなく、アルバイトからスタートして、どのような経緯でデザイナーにコンバートしたのかをここにシェアして、今後未経験の業界に転職を考えている人、特にWebデザイナーへの転職を考えている人への参考になればと思います。

Basic Designers’ Portfolio

ferret

ferret One

phocase

留学Debut

Designer Wanted!

  • Kunihiro Okamura
  • Hikaru Kobayashi
  • You
  • Fumiya Shibusawa
  • Yuki Asamoto

この内容で送信します。よろしいですか?