デザインチームに「橋本」がジョインしました

はじめまして、最近ベーシックにジョインしました「橋本」です。

趣味は、凧あげです。  

どうぞよろしくお願いします。   

これまでの「橋本」  

ベーシックにジョインするまでどんなことをしていたのか。

簡単にご紹介したいと思います。  

 

楽しかった、トイザ○ス時代  

今年の4月で社会人9年目になる僕ですが、1年目はデザイナーではなく、トイ○らスというおもちゃ屋さんで働いていました。

クリスマスは鬼のように忙しかったですが、先輩や同期が愉快な人が多く、とても楽しい日々でした。  

「おもちゃが好きだから」ただそれだけの理由で働いていたのですが、もともと自分の中にあった「クリエイティブに関わる仕事をしたい」という想いが徐々に強くなり、3年半勤めた後に、Web業界に転職しました。  

 

楽しかった、デザイナー時代

デザイン経験がまったくなかった僕ですが、懐の深い制作会社がそんな僕を雇ってくれました。

はじめは右も左もわからなかったのですが、みんないい人たちでわからないことは、親身に相談にのってくれました。

既存サービスの運用がメインの業務内容でしたが、時たま、新規サービスのメインデザイン部分を任せていただいたりと、とてもいい経験をさせていただきました。

 

寂しかった、フリーランス時代  

好きな時間に起きて、好きな時間に働けるってなんて素敵なんだろうと3年勤めた制作会社を辞め、フリーランスになりました。  

退職後は、こんなふざけたLINEスタンプを作って生活していました。

しかし、自宅での作業だとなんだかんだでだらだらしてしまい、そして何より1日中、誰ともと話さないで終わってしまうことがとても寂しく、そんな生活に耐えられなくなり、また会社員に戻ることを決心しました。  

今思えば、自分を見つめ直すいい機会だったと思います。

 

楽しかった、ディレクター時代  

また会社で働きたい!と飛び込んだ会社が前職の制作会社です。

新しいことがしたかったので、デザイナーではなく、ディレクターとしてジョインしました。

ディレクターとして制作に携わることによって、デザイナーの時には見れなかった視点で、いろいろなことが見れるようになったと思います。  

クリエイティブに関するアンテナが、みんなビンビンだったのでとても刺激的な毎日でした。  

 

いま考えると、どの会社も楽しかった。

うん、楽しかった。  

 

「橋本」はなぜベーシックにジョインしたのか  

制作会社のディレクターとして、様々なお客様のお話を聞いていると、ワクワクするようなサービスを展開しようとしているお客様がたくさんいらっしゃいました。

そんなお客様の熱い想いを聞いていたら「自分も内側からサービスに携わってみたい。」という気持ちが徐々に大きくなっていきました。  

そんな時にベーシックで働く以前からの知り合いに、デザイナーを募集しているという話を聞き、ベーシックの掲げる「Webマーケティングで世の中の問題解決をする」というミッションが自分のやりたいことと合致したため、最終的にベーシックに心を決めました。

 

 

これからの「橋本」

 ベーシックでは、主にマーケティングオートメーションツールである「ferret One」や新規事業のプロダクト開発に関わっていく予定です。

その中で、自分自身のテーマとして「目に見えるものだけではなくて、見えないものをデザインしたい。」という想いがあります。  

 

LINEスタンプも「イラストにどんな言葉を添えたら楽しいやりとりができるだろう」と試行錯誤しながら、コミュニケーションのデザインを意識していました。  見た目がきれいなデザインを作るということ以上に、いいクリエイティブを作るために、冷静に本質を見抜くチカラがいま求められていいます。

 

僕が初めてデザイナーになった2011年から6年が経ちますが、確実にデザイナーの職域は広がっています。むしろそんな職域なんてものは、もう無いのかもしれません。  

今までの全ての経験をデザインに凝縮させて、ベーシックのサービスの成長に貢献したいと思っています。  

 

まとめ

※今回のブログの写真は、去年の10月に行った尾道旅行の時の写真です。楽しかったなぁ、尾道。

 

改めて、今までの会社がなぜ楽しかったのかと考えてみると、「働きたい人と働けた」からだと思います。

もちろん、その会社で何をやるのかも大切ですが、「誰と働くのか」はとても重要です。僕は本当に人に恵まれてきたので、これまで嫌で辞めた会社はひとつもありません。ベーシックもいい人たちがたくさんいるので、これから一緒にいろいろな仕事をできるのが楽しみです。  

 

デザイン部の長、岡村さんは出社初日に「机に置く木」を買ってくれました。

 

いい人です。  

 

これから「橋本」をどうぞよろしくお願いします。  

そして、一緒に働いてくれる人、募集中です!  

 

橋本 裕敬

橋本 裕敬

おもちゃ屋さん→制作会社→フリーランス→制作会社→ベーシックです。 趣味は、凧あげです。

Recommend Articles

1

バナーのデザインで悩んだ時に参考にしたい5つのパターン

簡単なようで難しいバナーをデザインすることって難しいですよね。小さいスペースに必要な要素を入れなければならないので、悩んだことがある方も多いのではないでしょうか?この記事ではバナーデザインを取り上げるだけではなく、どんなところが参考になるのかを合わせてご紹介します!バナーのアイデアで煮詰まっているデザイナーさんや、デザインの勉強のためにバナーのコピーをしようと思っている学生さんは是非読んでみてください。

2

簡単にオシャレで見やすくなるスライドの作り方

この記事では、デザイナーではない方や新人のデザイナーさんがプレゼンテーション(パワーポイントなど)のスライド作成で困ったときに、簡単にオシャレで見やすいスライドを作る方法をご紹介します! 法則に則って作成すれば、簡単にキレイなスライドを作ることが出来ますよ!

3

【イベントレポート】UX、デザイン思考、サービスデザインのための「チームで使える共感ペルソナ™入門 」

サービスの設計をする際にペルソナを決めるのはもちろんですが、それをチームでうまく共有し活用するのは想像以上に難しいですよね。チーム内でうまく共有できず、いつの間にかペルソナが忘れられてしまっている…なんてことは少なくないのではないでしょうか。そうしたペルソナ作成の難しさを解決するヒントをさぐるため、先日、株式会社アイ・エム・ジェイ R&D室主催のイベント「UX、デザイン思考、サービスデザインのための『チームで使える共感ペルソナ™入門 』」に参加してきました!

4

別に最初から正社員じゃなくても良い〜未経験からWebデザイナーになるまで私が行ったこと〜

今年の7月からデザイナーとして働いているのですが、実は元からデザイナーだったのではなく、アルバイトとしてベーシックに入社したという経緯があります。なぜ正社員ではなく、アルバイトからスタートして、どのような経緯でデザイナーにコンバートしたのかをここにシェアして、今後未経験の業界に転職を考えている人、特にWebデザイナーへの転職を考えている人への参考になればと思います。

5

「実績や得たノウハウを発信するところまでがシゴトの報酬」 iOSエンジニア堤修一さんの仕事論に迫る| dotFes 2016 shibuya

2016年10月からサンフランシスコでFyusion社でiOSエンジニアとして活躍されている堤修一さん。今回はdotFes 2016で行われた「デザイン×ライフスタイル 制作者として海外で働くということ」というテーマのセッションで、海外で働くためのワークスタイルを語られました。

Basic Designers’ Portfolio

ferret

ferret One

phocase

留学Debut

Designer Wanted!

  • Kunihiro Okamura
  • Hikaru Kobayashi
  • You
  • Fumiya Shibusawa
  • Yuki Asamoto

この内容で送信します。よろしいですか?