CDOとして、デザイナとしての2016年の振り返り - Thank you 2016 -

2016年、CDOとして、一人のデザイナとしてやってきたことの振り返り。

CDOとして 

デザイン部の組成

今までのベーシックは、デザイナは事業部やサービスへ配属されており、横断的なデザインの取組みや他事業部サービスの理解が薄く、コミットメントがしづらい環境だった。

もちろんメリットもあるが、デザイナとして視野を狭ばめ成長機会の妨げになる。そもそも同じ会社でリソースの余剰が生まれるという不健全な体制だった。

そこでまずはチームの組成に取り組んだ。デザイナ独自の制度や福利厚生、働き方・評価やグレードの定義など、自社で求める理想のデザイナー像を描いていく。

そして横断的なチームとして各事業部やサービスとコミュニケーションをとることに励んだ。

リクルーティング

部の組成とは言うものの、1人では話にならない。まずはチームを作るところから。

もともと社内にはグラフィック経験者の女性デザイナがいた。彼女と今後のキャリアプランやデザイナの未来や方向性を話しながら目線を合わせて同じチームのリードデザイナーとメンターの役割を託した。

スピード感のあるチームを作りたいという思いから未経験者は採用しないという方向性だったが、これは思いの外手こずった。そう、デザイナってあまりいないんです。

なので中途の未経験者から熱量とコミットメントが出来る人を探した。

偶然にも社内のプロダクトCSチームに一際声が大きく、サービスのあり方に関してうるさいアルバイトがいたので、話を聞いてみたところサービス開発の魅力・デザイナとして生き方に共感が得られた。未経験ながら理想的な?人物像だったのですぐに社員として、チームの中核を担うポジションを目指してコミットメントしてもらった。

このタイミングで始めての新卒デザイナを採用した。近頃は新卒でプロダクト作ったことがあって、UI/UX一通り学んだ後、普通にgithubでプルリクを送るような人材がいるから驚く。 

レギュレーション 

6つほどある事業部や、10を超えるサービスを展開する弊社では横断的に取り組もうとするにも、サービスの理解や事業のフェーズ、前提知識などがない状態でスタートすることになる。

前年に自分1人が全事業部の新規デザインを全て行い、まず体現してきたことや事業理解を踏まえて挑むこと出来た。

各サービスによってプロジェクト管理やファイルや素材・コミュニケーションツールも違い、様々なリソースや属人的な運用からくる煩雑なデザインや秩序のないグロースハックを整備するために、VI(ビジュアルアイデンティティ)やサービスのデザインレギュレーション、カスタマージャーニーマップを作った。

デザイン管理ツールやレビュー制度を整備しクオリティの担保と爆速実戦スキルアップを実現出来たと思う。

また、デザイナもコードを書くことが前提としているので、開発環境をエンジニアに頼らず作りプルリクエストを送れる体制をつくる必要があった。

幸い?にもコーディング未経験者が多くいたので、github Readmeやwikiの拡充・ポイント整理や、各人が躓く部分を全てドキュメントを見直し属人化を徹底的に排除していった。

とは言えまだまだ道半ばといった所で、全てのサービスにこれを実践して省力化を測っていきたい。

マネジメント

最高のパフォーマンス集団になるために、ある程度の犠牲は必要であると思いあえて厳しい姿勢を貫いた。

メンバーのなりたい姿とそこへのアプローチを考え、実践的に取り組む環境を作る。

取り返せないエラーをしない(遅刻とか納期)とか、プロジェクトではなく価値を創っている。などデザイナーとしてのマインドを定例で唱和し、意識と目線の統一を測った。

各人が主体的にデザインに取り組む事ですばらしいパフォーマンスが生まれていた。

社内リソースは限られている中で、外部リソースの全見直しを断行、適切なコストとリソースをデザイナのハンドリングの元に取り組んでもらうことが出来た。

その分一人ひとりの負担は大きくなり、サブとしてサポートしきれなかった部分も生んでしまった。辛い思いをさせた事もあると思うので、まずこれは無くしたい。

各自思うこともある中、一丸となって進んでくれたメンバーにはとても感謝している。

ネクストステージ

デザイナのベーススキルアップに取り組み、あるべき姿を定義し進んでいく上で、その次のキャリアやデザイナのあり方について考えた。

求められる役割や仕事の範囲に変化がおき始め、多くの知識や技術が必要となった後、どのような強みを持って進むのか。

そんなネクストステージのデザイナ像を描いたり、迷いや悩みを相談する場として「Nextstage Design Nite」を開催した。

様々なタイプのデザイナがそれぞれのキャリアや独自の視点から、強みを持って仕事をしていた。

デザイナがどうなのか。どうするのか。的な話は界隈ではよく取り上げられているけど、根本的な解決や方向性は見えていないと思う。

これからも色んな事業や、つながりを大事にして引き続き考えて行きたい。 

デザイナとして

デザインワーク

一年を通してオウンドメディア構築がかなり多かった印象。

会社として数多く作って実際に運営しいる・コンサルサービスとして提供している視点から挑戦出来ることもあったが、正直飽きた感はある。 

ECサイトやアプリ、CIとかも雑多に請け負った。主に自分のポジション確認や新しい技術や実戦の場として色々取り組めた。

受託を通して学べる様々な技術や、インハウスでは出来ない挑戦が魅力だしこれからも本業にいい影響を与える範囲で続けていこうと思う。

やっぱりデザインも好きだしコードも書きたいし、ビジネスも大好きだ。多くの熱量を持った人たちの想いを、純粋に現場で一緒にみていたい。

読んだ本 

大体月に3,4冊って所で、技術書からマインドセットやデザイン集なども。なぜか友人に感化され刑法についての本を読んだり。

今年は主に自分自身の考えを整理するためにインプットをしていた感じがある。

デザイナにおすすめかなって思える本を幾つか。

 

デザインの伝え方

ほんとタイトルそのままですが、「うまくやれる」ようになる一冊です。

 

デザインスプリント - プロダクトを成功に導く短期集中実践ガイド  – 

型がない場合はこういうのに乗っかってやってしまうのがいいと思う。 

 

リーンブランディング ―リーンスタートアップによるブランド構築 (THE LEAN SERIES)

個人的にCSが非常に気になっていた一年。顧客との関係を考えて作るプロダクト戦略。

 

パフォーマンス向上のためのデザイン設計 

デザインするコードも書け。コード書くならパフォーマンス意識しろ。意外と気の回ってない部分ってあるよね。しっかりやっていこう。 

いい物を知る

メンバーを率いる為には、まず自分が先に行くっていうところでまずは食から(´ω`)

うまいものは好きだけど、特に知識があったりするわけではないし、馬鹿舌だと思う。

それでも今年は、今までよりも愚直にいい鮨・いい肉・うまい飯をよく食べに出向いた。

月に1,2回のペースですげーいい鮨を食べていた。というか鮨好きの友人達のツテで行くことが出来た。感謝!

とりわけうまかったのはこの2店。

三谷

まず予約がとれないはずのお店だけど、荒木町から紀尾井町に移転するタイミングで奇跡的にも予約が出来た。

値段もすごかったけど、とにかくうまかった(小並感

くろ崎 

意外と予約が取れるし、値段もまぁそこまで高くなく味は絶品。って感じですごく良かったんだけど、徐々に予約が取りにくくなってきた?というタイミングでミシュラン一つ星獲得。

次の予約取ってねえ。

肉では 

Vitis

麤皮やかわむらなんかは背伸びしても行けない俺らにとっての軌跡のステーキ。麤皮や哥利歐で修行した店主が、もっとリーズナブルにステーキをって思いで立ち上げたお店。

ステーキは本当に最高なんだけど、接客に距離がある感じ。毎回空席があるので(偶然かもしれないが)少し心配なのでみなさんこまない程度でほどほどに行ってみてほしい。 

ネクストステージ

ネクストステージに行くんだ!っというものの、ネクストステージとはなんだ!って感じだけど今より全ての部分でアップグレードしてやる!

って意気込んで1年を過ごした。よく働きよく遊びよく学びよく飲んだ。

衣食住や仕事の質・立場・年収・意識全てにおいて去年の自分を超えられたと思う。

やり抜いたーって感じで今日(大晦日)を迎えた。

だらだら紅白を見ながら酒を飲んでいる。ネクストステージに行けたかと言われれば不明。

ただ、見える景色は変わったので、これがそうなのかもしれない。

アイアンマン

今年に入ってトライアスロンを始めた。スイムの練習やバイクのロングライドなど未経験な部分は不安ながらも、ネクストステージに行くなら一番きついレースに出てみたい!

なんとなく「アイアンマン」って称号に憧れて、慣れたらいいなって感じで始めたが、周りからはアイアンマンは無理だよwよくわからないけどすごいねwなど様々な反応を頂きながら、どうせなるなら何回も辛い思いしたくない!

初回で有言実行してやろうと。トライアスロン始めて1年でアイアンマンとかかっこいいやん。 

出来ないことをやらなくちゃ!いろんな想いをもってちょこちょこ練習してました。(ホントはあんまりしてない)

レースはそりゃあもう過酷だし孤独だし辛かった。まぁ何はともあれ無事ゴールできた。

ゴールの瞬間は涙が出るかと思った。

レース後はアイアンマンとして自分の言葉や行動。想いにはっきり自信をもって過ごせるようになった。

わかりやすい高い目標とはっきりでる結果によって仕事にもいい影響があった。

まとめ

概ね目標や理想にアプローチ出来た1年で悔いはない。来年も悔いの無いように健康に過ごしたい。

今年やりきったことでぼちぼち来年の目標も見えてきた。

より戦略的に生きていこうと思う。俺はロールプレイが下手なので、もっとうまくなりたい!

もっと外にでたり中に呼んだり、色んな人と色んな接点を持って幅を広げたい。

すっごく頭の固くかった1年だったので、来年は色んな物を吸収する年にしたい。

お仕事でお力添え頂いた方、トライアスロンの応援してくれた人、飲みに行ってくれた人!関わった皆様に感謝をして今年を締めくくりたいと思います。

本当に皆さんに支えられながら2016年も悔いない1年が過ごせました!

来年も精いっぱい走り抜けてたいと思います、2017年もよろしくお願いします。

 

fin.

岡村 邦博

岡村 邦博

武蔵野美術大学卒業後、ベンチャー企業を経てフリーランスとして主にスタートアップのWebサービスのデザイン設計を手がけた後、2014年からbasicの新規サービスのUXデザインを担当。現在はCDOとしてネクストステージのデザインチームの組成、次世代のデザイナーキャリアの創生を目指す。猫・酒・トライアスロン(´ω`)

Recommend Articles

1

【イベントレポート】UX、デザイン思考、サービスデザインのための「チームで使える共感ペルソナ™入門 」

サービスの設計をする際にペルソナを決めるのはもちろんですが、それをチームでうまく共有し活用するのは想像以上に難しいですよね。チーム内でうまく共有できず、いつの間にかペルソナが忘れられてしまっている…なんてことは少なくないのではないでしょうか。そうしたペルソナ作成の難しさを解決するヒントをさぐるため、先日、株式会社アイ・エム・ジェイ R&D室主催のイベント「UX、デザイン思考、サービスデザインのための『チームで使える共感ペルソナ™入門 』」に参加してきました!

2

別に最初から正社員じゃなくても良い〜未経験からWebデザイナーになるまで私が行ったこと〜

今年の7月からデザイナーとして働いているのですが、実は元からデザイナーだったのではなく、アルバイトとしてベーシックに入社したという経緯があります。なぜ正社員ではなく、アルバイトからスタートして、どのような経緯でデザイナーにコンバートしたのかをここにシェアして、今後未経験の業界に転職を考えている人、特にWebデザイナーへの転職を考えている人への参考になればと思います。

3

バナーのデザインで悩んだ時に参考にしたい5つのパターン

簡単なようで難しいバナーをデザインすることって難しいですよね。小さいスペースに必要な要素を入れなければならないので、悩んだことがある方も多いのではないでしょうか?この記事ではバナーデザインを取り上げるだけではなく、どんなところが参考になるのかを合わせてご紹介します!バナーのアイデアで煮詰まっているデザイナーさんや、デザインの勉強のためにバナーのコピーをしようと思っている学生さんは是非読んでみてください。

4

「実績や得たノウハウを発信するところまでがシゴトの報酬」 iOSエンジニア堤修一さんの仕事論に迫る| dotFes 2016 shibuya

2016年10月からサンフランシスコでFyusion社でiOSエンジニアとして活躍されている堤修一さん。今回はdotFes 2016で行われた「デザイン×ライフスタイル 制作者として海外で働くということ」というテーマのセッションで、海外で働くためのワークスタイルを語られました。

5

簡単にオシャレで見やすくなるスライドの作り方

この記事では、デザイナーではない方や新人のデザイナーさんがプレゼンテーション(パワーポイントなど)のスライド作成で困ったときに、簡単にオシャレで見やすいスライドを作る方法をご紹介します! 法則に則って作成すれば、簡単にキレイなスライドを作ることが出来ますよ!

Basic Designers’ Portfolio

ferret

ferret One

phocase

留学Debut

Designer Wanted!

  • Kunihiro Okamura
  • Hikaru Kobayashi
  • You
  • Fumiya Shibusawa
  • Yuki Asamoto

この内容で送信します。よろしいですか?