イベントブースだってUXデザイン!〜Web&デジタルマーケティングEXPOにて

こんにちは!ベーシックデザイン部の小林です!

B to Bのサービスやプロダクト開発に関わっているデザイナーは、EXPOなどのイベント制作物に関わる機会もあると思います。ブースのデザイン、パンフレット、デモ用ページ、ノベルティなどなど。

ビジネスにおいてUX(一貫したユーザー体験)の重要性が再認識されている今、B to Bのサービスにとってイベントは重要なユーザーとのタッチポイントの1つ。

そこで今回は先日行われた「第6回Web&デジタルマーケティングEXPO 秋(2016年)」の現場で感じたことから、「どうしたらユーザーにサービスの特徴が伝えられるか」などをデザイナー視点で考えてみました。

1.ブースの見せ方

イベント会場にはたくさんのブースが並び、来場者は足早に次々をブースを見て回ります。なのでパッと見で参加者に「これは自分の求めるサービスかも?」と気づいてもらう必要がありますよね。

単にスタイリッシュなだけでは、内容まで聞こうとは思いません。かと言って説明を詰め込んだA1パネルを並べても読む気になりません。

サービス内容が一瞬で頭に入って来るのは、ブースの壁面や看板部分など使って説明しているタイプ。

ブース全体をパネルとして使うのが、見る側にとっての情報量・サイズ感ともにちょうど良いと感じました。

カラーは2〜3色でまとめるのが見やすいですね。ブースは立体物なので、陰影によって色数がさらに増して見えるからです。

ブランドカラー+白・黒など、メインカラー+補助カラーを少し。Webサイトや印刷物以上にメインカラーの割合を大きくして、色数を抑えるのがポイントです。

その点で「チャトラック」のブースはカラーコーディネート、情報量ともにちょうど良いバランス。ウサギのキャラクターはシンプルなデザインの中でアクセントになっていますし、「メールは手紙、チャットは会話、チャトラックはホウ・レン・ソウ」のキャッチコピーも頭に残りやすいです。

2.キャッチコピー

一目で惹きつける、一瞬で理解してもらうために、キャッチコピーは非常に重要な役割を担っています。イベント会場で目に付いたコピーの特徴は大きく分けて2タイプ。

1)ユーザーの課題を的確に捉え、共感を得るコピー

当然と言えば当然ですが、「誰の何を解決できるのか」が明確なコピーは目に止まります。競合サービスがいくつも並ぶイベント会場では、ここで差別化できることは重要です。特に競合がビッグネームの場合、自社のブースに足を止めてもらう手段の1つとなります。

eNetSolutions製品・サービス

 ・日本の企業には日本の企業にあったクラウドサービスがあります。(eNETソリューションズ)

 ・後払いがないと4人に3人が離脱(後払い.com)

 ・Windowsスマホを企業導入する理由(hp)

eNETソリューションは、クラウドサービスを選ぶ企業の担当者に、「価格だけじゃない選ぶポイント」を訴求できていますし、後払い.comはECサイトの「カートからの遷移率を上げたい、CVを伸ばしたい」という課題の解決方法が提示できています。hpは社員の仕事用スマホの導入を検討している担当に伝えているのが明確ですね。どれも当事者なら「そう!そこ悩んでた!」と思えるようなコピーです。

2)旬なワードを使ったコピー

Webマーケティング関連のイベントには、次の打ち手のヒントを探して来場する人も多いですよね。話題の技術を自社ではどのように活用すべきかを課題に持っている人にとって、トレンドのワードは目に飛び込んで来ます。

 ・クラウド上でIoTに必要なツール群を提供(NIFTY Cloud)

 ・人口知能Webデザイン(ティファナ・UM)

 ・ゲーフィミケーションはゲームではない

 ・@倉敷 ベトナムホスティング

「@倉敷」という表現は、単に「田舎の企業が出展しに来ました」という印象ではなく、今どきの地方活用コンセプトが伝わりますね。

3.プロダクト

今回、私はプロダクトそのものよりも「サービスを伝えるデザイナーとして」という視点でブースやキャッチコピーを中心に観て来たのですが、ここからはプロダクトやサービスの話も少し。

プロダクトの中ではサーバコスト監視システムのOPSCLOUD

OPSCLOUDのデモ画面

今までは、サーバのコストパフォーマンスがどうなっているかは、システムエンジニアに聞かないと分からないものだと思っていましがが、OPSCLOUDのように誰にでも解りやすく可視化されるサービスを使えば、プロジェクトに関わるスタッフ全員が自分ごとに感じやすくなります。

取っつきにくいものを直感的に理解できるデザインによってみんなのものにする。デザインが課題解決に一役買っている好例ですね。ロゴ・ツール・販促物デザインもモダンかつ親しみやすいデザインで一貫性がありました。

一方、看板にかかれたコピーは「昨日開発終わりましたー!」など、人間味が出してギャップがアクセントに。新規プロダクト開発に携わっている人なら親近感を持ちますよね(笑)

4.サービスの実現アイデア

ビジネスに関わるデザイナーとして、「質の高いサービスを低価格で提供する」方法にも興味を持ちました。

TESTERAは検証作業のアウトソーシングサービス。こういったテスターのサービス自体は既にたくさんありますが、休職中のシステムエンジニアを活用している着眼点が良いですね。

「質の高いディバックを貰えそう」という印象を持ちますし、技術・知識はあっても何かしらの問題で企業に属していない技術者に仕事を創出しているという点でも有意義な取り組みだと思います。

TESTERAサービスサイト

まとめ

UXデザインの定義をサイト上の体験だけでなく、元来の意味の「一貫したユーザー体験」まで拡げて考えた場合、リアルなイベントの制作物もデザイナーの重要な役割となって来ます。

かつてのように「ブースはロゴが入ってて、イメージカラー使って、説明はA1パネル何枚かあればで良いでしょ」では済まない時代になっていますね。

自社のサービスを必要としているはずの人へ、サービスの内容がしっかり伝わる制作物を目指しましょう。

小林ひかる

小林ひかる

女子美術大学卒業。ベーシック勤務12年。 LPやサービスサイトを中心に、企画・コピーを含めたトータルで「ユーザーに伝える」を担います。 「デザイナーではありません。ビジネスマンの心強いパートナーです。」をモットーに、誰のためのデザインかを考えて制作しています。 洋楽ROCKとイチローが好き。

Recommend Articles

1

バナーのデザインで悩んだ時に参考にしたい5つのパターン

簡単なようで難しいバナーをデザインすることって難しいですよね。小さいスペースに必要な要素を入れなければならないので、悩んだことがある方も多いのではないでしょうか?この記事ではバナーデザインを取り上げるだけではなく、どんなところが参考になるのかを合わせてご紹介します!バナーのアイデアで煮詰まっているデザイナーさんや、デザインの勉強のためにバナーのコピーをしようと思っている学生さんは是非読んでみてください。

2

簡単にオシャレで見やすくなるスライドの作り方

この記事では、デザイナーではない方や新人のデザイナーさんがプレゼンテーション(パワーポイントなど)のスライド作成で困ったときに、簡単にオシャレで見やすいスライドを作る方法をご紹介します! 法則に則って作成すれば、簡単にキレイなスライドを作ることが出来ますよ!

3

【イベントレポート】UX、デザイン思考、サービスデザインのための「チームで使える共感ペルソナ™入門 」

サービスの設計をする際にペルソナを決めるのはもちろんですが、それをチームでうまく共有し活用するのは想像以上に難しいですよね。チーム内でうまく共有できず、いつの間にかペルソナが忘れられてしまっている…なんてことは少なくないのではないでしょうか。そうしたペルソナ作成の難しさを解決するヒントをさぐるため、先日、株式会社アイ・エム・ジェイ R&D室主催のイベント「UX、デザイン思考、サービスデザインのための『チームで使える共感ペルソナ™入門 』」に参加してきました!

4

別に最初から正社員じゃなくても良い〜未経験からWebデザイナーになるまで私が行ったこと〜

今年の7月からデザイナーとして働いているのですが、実は元からデザイナーだったのではなく、アルバイトとしてベーシックに入社したという経緯があります。なぜ正社員ではなく、アルバイトからスタートして、どのような経緯でデザイナーにコンバートしたのかをここにシェアして、今後未経験の業界に転職を考えている人、特にWebデザイナーへの転職を考えている人への参考になればと思います。

5

「実績や得たノウハウを発信するところまでがシゴトの報酬」 iOSエンジニア堤修一さんの仕事論に迫る| dotFes 2016 shibuya

2016年10月からサンフランシスコでFyusion社でiOSエンジニアとして活躍されている堤修一さん。今回はdotFes 2016で行われた「デザイン×ライフスタイル 制作者として海外で働くということ」というテーマのセッションで、海外で働くためのワークスタイルを語られました。

Basic Designers’ Portfolio

ferret

ferret One

phocase

留学Debut

Designer Wanted!

  • Kunihiro Okamura
  • Hikaru Kobayashi
  • You
  • Fumiya Shibusawa
  • Yuki Asamoto

この内容で送信します。よろしいですか?