簡単にオシャレで見やすくなるスライドの作り方

こんにちは!新卒デザイナーの浅本です。

この記事では、デザイナーではない方や新人のデザイナーさんがプレゼンテーション(パワーポイントなど)のスライド作成で困ったときに、簡単にオシャレで見やすいスライドを作る方法をご紹介します!

法則に則って作成すれば、簡単にキレイなスライドを作ることが出来ますよ!

1.揃える

最も簡単で、最も重要なこと。それは揃えるということです。

揃っているだけで情報はとても整理されます。

2.フォントを決める

フォントだけで雰囲気が大きく変わります。簡単にオシャレなスライドを作る場合には、Windowsの場合はメイリオ、Macの場合はヒラギノ角ゴを使うといいですよ!

3.色を決める

オススメしたいのは配色サイトを見て決めることです。黒と白と1色を選びましょう。今の時代だとフラットデザインが人気なので、それを感じさせる色を参考にするといいでしょう。

[参考] Flat UI Color Picker http://www.flatuicolorpicker.com/

4.余白はルールを決める

見出しと本文の行間(余白)を同じにしてみました。

先ほどまでのデザインだと見出しに対してその下のテキストが紐付いて見えていましたが、全て同じ余白だと紐付いていないように見えます。

例えば、「ポイント1」と「揃えることが大切です。」の余白を1とするならば、「揃えることが大切です。」と「ポイント2」の余白を2とするなど、法則を持たせることが大切です。

今まで情報がまとまって見えなかったという方は取り入れて見てください。

5.写真の使い方

写真の使い方にも色々な方法がありますが、上記の例の場合は写真の手前に黒い図形を用意して少し透過性を持たせました。写真に対して説明をする場合このレイアウトは有効です。

人は左側から見るという傾向があるので、文字がメインの際には良い表現ではないです。

なお、比率は1:1です。

先ほどとは逆のレイアウトですが、テキストがメインで写真も見せたい時に有効です。

写真を大きく表示したいけどテキストも入れる必要がある時にはこういう形もあります。2 / 3は写真にして、1/3は余白とテキストという形にしています。画面を分割するなら2:1の比率にするとバランスよく見えると覚えておきましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

揃える・フォント・色・余白・写真

それぞれでご紹介したことを実践すれば、どんな方でも簡単ににオシャレなスライドを作ることが出来ます。ポイントを抑えて、オシャレで見やすいスライドを作ってくださいね!

浅本 侑樹

浅本 侑樹

2012年より専門学校HAL大阪 Web開発学科でWebデザインやWebプログラミング、システム設計、ネットワーク構築などを広く学ぶ。 2016年4月に新卒でbasicに入社。デザイナーとして配属され、CIを始めとしたデザインを担当している。 趣味は写真撮影と料理。

Recommend Articles

1

バナーのデザインで悩んだ時に参考にしたい5つのパターン

簡単なようで難しいバナーをデザインすることって難しいですよね。小さいスペースに必要な要素を入れなければならないので、悩んだことがある方も多いのではないでしょうか?この記事ではバナーデザインを取り上げるだけではなく、どんなところが参考になるのかを合わせてご紹介します!バナーのアイデアで煮詰まっているデザイナーさんや、デザインの勉強のためにバナーのコピーをしようと思っている学生さんは是非読んでみてください。

2

簡単にオシャレで見やすくなるスライドの作り方

この記事では、デザイナーではない方や新人のデザイナーさんがプレゼンテーション(パワーポイントなど)のスライド作成で困ったときに、簡単にオシャレで見やすいスライドを作る方法をご紹介します! 法則に則って作成すれば、簡単にキレイなスライドを作ることが出来ますよ!

3

【イベントレポート】UX、デザイン思考、サービスデザインのための「チームで使える共感ペルソナ™入門 」

サービスの設計をする際にペルソナを決めるのはもちろんですが、それをチームでうまく共有し活用するのは想像以上に難しいですよね。チーム内でうまく共有できず、いつの間にかペルソナが忘れられてしまっている…なんてことは少なくないのではないでしょうか。そうしたペルソナ作成の難しさを解決するヒントをさぐるため、先日、株式会社アイ・エム・ジェイ R&D室主催のイベント「UX、デザイン思考、サービスデザインのための『チームで使える共感ペルソナ™入門 』」に参加してきました!

4

別に最初から正社員じゃなくても良い〜未経験からWebデザイナーになるまで私が行ったこと〜

今年の7月からデザイナーとして働いているのですが、実は元からデザイナーだったのではなく、アルバイトとしてベーシックに入社したという経緯があります。なぜ正社員ではなく、アルバイトからスタートして、どのような経緯でデザイナーにコンバートしたのかをここにシェアして、今後未経験の業界に転職を考えている人、特にWebデザイナーへの転職を考えている人への参考になればと思います。

5

「実績や得たノウハウを発信するところまでがシゴトの報酬」 iOSエンジニア堤修一さんの仕事論に迫る| dotFes 2016 shibuya

2016年10月からサンフランシスコでFyusion社でiOSエンジニアとして活躍されている堤修一さん。今回はdotFes 2016で行われた「デザイン×ライフスタイル 制作者として海外で働くということ」というテーマのセッションで、海外で働くためのワークスタイルを語られました。

Basic Designers’ Portfolio

ferret

ferret One

phocase

留学Debut

Designer Wanted!

  • Kunihiro Okamura
  • Hikaru Kobayashi
  • You
  • Fumiya Shibusawa
  • Yuki Asamoto

この内容で送信します。よろしいですか?